統一地方選挙が終わり、一息ついた感もある2019年4月終盤の政界に、新たにウヨの風が吹き始めました

まあブログ記事にあるとおりなんですが、ヘイト動画を武器にウヨ界で着々と出世を続けているKAZUYAさんが政党づくりに着手するというのです

しかも政党づくりの模様をYouTubeにアップしてくれるのだとか(政治思想はともかく、こういう発想は素直に感心する)

そのチャンネルの名は「政党DIY」

4月26日から配信開始。今後は毎週金曜日20時に更新されるそうです

まだはじまったばかりで語れることは少ないですが、今日は「政党DIY」について書いていきます


「政党DIY」メンバー


「政党DIY」チャンネルのメンバーは、KAZUYA ・神谷宗幣・渡瀬裕哉の3名

前フリでは知名度の点でKAZUYAさんをフィーチャーしましたが、中心となっているのは神谷宗幣さんです

ごく簡単にではありますが「政党DIY」メンバーについて述べていきましょう


神谷宗幣

元吹田市議会議員のウヨビジネスパーソン
龍馬プロジェクト会長。イシキカイカク株式会社代表

龍馬プロジェクトは、林英臣政経塾の塾生らが中心になってウヨ活動している団体です。杉田水脈議員や「東京ダイアログEXE」の山崎マヤさんも参加しています
塾長である林英臣さんは「文明法則史学」なるトンデモ歴史学を広めていることでも有名な人ですね。どれだけトンデモかは「文明法則史学研究所」のホームページを見れば一目瞭然なんで興味があればアクセスしてください
政経塾でも「文明法則史学」は教えているので、神谷宗幣さんや杉田水脈さんはこのトンデモを信じている可能性があります

龍馬プロジェクト
林英臣政経塾
文明法則史学研究所

さて、お次は「イシキカイカク株式会社」について
これはYouTubeでウヨ動画ウォッチングしている人にはお馴染みの「CGSチャンネルグランドストラテジー」をやっている会社ですね。「イシキカイカク大学」なる動画講座も開いています
ウヨのなかでも二流どころ三流どころを起用しているのが特徴でしょうか
イシキカイカク大学の講師に「伝説の自衛官」こと池田整治さんがいたり、ウヨからも批判の多い小名木善行さんを重用したりと明らかにトンデモ指数が高くてゲンナリします


うちのブログの関係で言えば「子ども古事記プロジェクト」の小坂達也さんもCGSに出演していますね


もしも「政党DIY」によって本当に政党ができてしまえば、このあたりの人材も議員になる可能性があるんですよね……

イシキカイカク.com


KAZUYA

言わずと知れた有名人。2012年からYouTubeとニコニコ動画にチャンネルを開設。民主党批判や歴史修正主義的な言動を繰り返し、瞬く間にウヨ界のスターダムにのしあがる。今では動画の世界を飛び出し保守系論壇誌でもひっぱりだこ。ウヨって喰うメシはうまいか?

最近、なぜか青山繁晴議員と喧嘩してますが、同じ穴のムジナですよねー

KAZUYA Channel


渡瀬裕哉

失礼ながら、存じ上げていませんでした
米国共和党保守派と深い関係にある人らしいですね。右派である共和党のなかのさらに右派って、そりゃ極右じゃないっすか

ウヨ系メディアの「アゴラ」で多数記事が掲載されているだけならともかく、統一教会系メディアの「viewpoint」での執筆や、https://youtu.be/YSIYLkOnkyEで幸福実現党の釈量子さんと対談しているのは、どう見てもアウト

そもそも倉山満さんと上念司さんのYouTubeチャンネル「チャンネルくらら」で「メディア切り捨て御免」なる番組やってる時点でアウトなんだよなー

viewpoint
パシフィック・アライアンス総研(渡瀬裕哉さんのやってるシンクタンク)


「政党DIY」第1回放送


メンバーがだいたいどういう人たちなのかわかったところで、「政党DIY」の第1回放送を視てみましょう


基本的にはチャンネルの趣旨説明ですね。ネトウヨ成分も「失言なんてくだらないことで云々」という部分以外は感じられず、全体として見ればわりと面白い動画です

"日曜大工的な感覚を取り入れつつ実際に(政党を)つくってみたらどうじゃないか、それを事細かに動画にしていこうじゃないか"

という軽いノリは、彼らがどういう人かを知らなければ、けっこうワクワクするでしょうね

どうやらいきなり政党を立ち上げるのではなく、理想の政党の形をネットの向こう側の「みんな」と一緒になって考えつつ、最終的に政党という形になれば良いなーという考えのようです(途中で挫折しそうな気配がビンビンしますねー)

ようは「トップダウン式」に政党から候補者が市民の側に降ってくる形ではなく、市民の意見によって政党をつくり候補者を押し上げていく「ボトムアップ式」を目指す、と言っているわけです
DIYによって「ボトムアップ式」が完成してから本格的に政党をつくろうという、かなり長期的な計画のようです

この三人にしてはなかなか良い計画……というか、これ普通に左翼がやってることなんですよね
なぜか「政党DIY」の動画ではないことにされてますが、市民運動から野党議員になった人なんてそれこそ山のようにいるわけでして

それと彼らがボトムとして声を汲み上げる相手はネトウヨにすぎないのですから、出来上がる政党もそこから出馬する候補者も当然ネトウヨになるわけで……

まあ今後の展開に注目しましょう