前回の記事で、東京ダイアログEXEのリーダーである岡田日美子さんが経営する合同会社燦PROJECTが「美しい日本の憲法をつくる国民の会」と関連する企業であることを示した


合同会社燦PROJECTは主要取引先のひとつに啓文社の名をあげている

世に同名の看板を掲げる企業は数あれど、右翼と繋がりのある啓文社といえば、雑誌『表現者クライテリオン』(後述)を発行している出版社の啓文社である

なにしろ代表取締役の漆原亮太さんは、学生時代を右翼系の活動に捧げた、知る人ぞ知る存在だ
有名ウヨである岩田温さんの子分として「平成軍国少年」を名乗っていた痛々しい過去の持ち主である

……一応断っておくが、話題の分散を避けるため、今回は漆原亮太さんについてはあまり扱わない
彼の詳細は、またの機会に書くことにする



啓文社とは何か?


啓文社(けいぶんしゃ)

ホームページを見てもらえばわかるように、決してウヨ一辺倒の出版社というわけではない
というのも、もともと啓文社は京都に居を置いていた学術系の出版社だったのである
ウヨをトップに頂き、東京新宿に移転したとしても、最低限の品格は残しているということだろう

もっとも近年の刊行物を見ていると、学術の匂いは完全に吹き飛んでいるのだが……


啓文社は出版業のほかに、古書の売買や編集プロダクション業もやっている(後者は廃業?)
この2事業はもともと漆原亮太さんが個人でやっていたもので、彼が啓文社を受け継いだのと前後してひとつにまとまったものと思われる

編集プロダクション業の名を「アカデメイア」といい、これと「漆原亮太」を&で検索すると(つまり「アカデメイア&漆原亮太」で検索)、彼らのウヨ出版業界での活躍の一端が見えてくる

_20190126_220135

啓文社の本業である出版業については、

・雑誌『表現者クライテリオン』
・「日本国史学会」の紀要

……の2つについて見ていきたいと思う


『表現者クライテリオン』とは何か?


2018年1月に自ら命を絶った、反米ウヨである西部邁さん
西部邁さんといえば、1990年代に日本の右傾化を決定付けてしまった重要人物の一人である
一時期は「新しい日本の歴史教科書をつくる会」にも参加していたが、親米ウヨによる内ゲバによって、同じ反米ウヨの小林よしのりさんと一緒に辞めている(「つくる会」分裂以前の話)

西部邁さんが晩年まで関わっていた雑誌が『表現者』である
その後継誌として西部邁さんの死後に発行されたのが『表現者クライテリオン』だ
啓文社が『表現者クライテリオン』の発行元になったのは2018年7月号から(それまではMXエンターテインメントが発行)

『表現者クライテリオン』ホームページ

西部邁さんが親米ウヨと一線を画していたのと同じように、『表現者クライテリオン』もまた一般的なウヨとの差別化のため「真正保守」を自称している
最近流行りの「真の保守」がどーたらこーちらだが、そんな差別化にどんな意味があるのか、僕には正直わからない

ウヨは所詮ウヨである

『表現者クライテリオン』の関係者は以下のとおり(https://38news.jp/media/11428https://the-criterion.jp/mail-magazine/1_20180211/より)

なお、これ以降の人名横()内は、その人が他に関係する団体の略。略の対照は最後に記す

編集長:藤井聡(基)

編集委員:
川端祐一郎
柴山桂太
浜崎洋介

その他主要執筆者:
伊藤貫
大石久和
佐藤健志
施光恒
竹村公太郎
富岡幸一郎(明、認)
野中郁次朗


なお、『表現者クライテリオン』では、KBS京都にて「週刊クライテリオン 藤井聡あるがまま・ラジオ」を月曜日21:30〜22:00に放送している
YouTubeでも配信しているので、興味があるなら検索してみるといいだろう

出演:藤井聡さん・吉田奈央さん

(2019年2月21日追記:表現者塾がはじまるようです→藤井聡は第2の西部邁になるのか?「表現者塾」復活)


日本国史学会と啓文社の繋がり


日本国史学会が何かを説明する前に、まずは啓文社との繋がりから明らかにしていこう

啓文社が日本国史学会の紀要を出版しているのは前述のとおりであるし、啓文社のホームページにも日本国史学会のバナーがある
逆に言えば、啓文社のホームページに載っている情報はそのていどである

だが、日本国史学会のホームページを見れば……

_20190126_220008

はい、というわけで"日本国史学会事務局(株式会社啓文社内)"というわけだ

ついでにいうと、漆原亮太さんのTwitterアカウントにも日本国史学会事務局の文字列がある
_20190126_220609

とはいえ、日本国史学会の事務局は最初から啓文社内にあったわけではない

かつて日本国史学会の事務局は、東京都港区芝5丁目13-16三田文銭堂ビル4階にあった

これは日本国史学界発起人の一人、竹田恒泰さんがやっている「竹田会」本部事務局の住所と同一のものである
_20190127_015836

なにがあったのか、2017年に事務局を竹田会から啓文社に移転したわけだ


日本国史学会とは何か?


日本国史学会ホームページ

日本国史学会はウヨウォッチャーの間でときおり話題にのぼる歴史修正主義団体である

日本の歴史学はいまだにマルクス主義史観に呪縛されているとの妄想を抱き、
"唯物論的な経済史観、階級闘争史観とは異なった日本史観による、あらたな日本の国史を形成し、議論する場としての学会をつくらなければならない、と強く感じ、「日本国史学会」を創設"したらしい
(ホームページ「日本国史学会とは」より)

学会といっても、例によって例のごとく日本学術会議協力学術研究団体(これが一般的に理解されている「学会」)ではない

つまり、今ここで僕が「日本ウヨ学会を設立しまーす」と宣言して団体をつくったとすると、それと日本国史学会は同ランクなわけである

日本国史学会に限らず、ウヨどもの団体はそんなエセ学会ばかりなので、見かけたら嘲笑を浴びせることをお薦めする


日本国史学会に関わる人々


以下は日本国史学会(笑)に関連する人々のリスト
木村汎さんのように場所を選ばず執筆・講演される人も含まれるので注意
肩書きはホームページ掲載時点のもの(ホームページ上に肩書きがない人は名前で検索)
また、『日本国史学』第十二号が手元にあるので、それも参考にした

_20190128_203949
岩波『世界』との大きさ比較。ご購入の参考にでも


日本国史学会発起人&理事

田中英道:東北大学名誉教授/代表理事(認、弘)
小堀桂一郎:東京大学名誉教授/理事(明、認、弘)
中西輝政:京都大学名誉教授/理事(美)
竹田恒泰:皇学館大学講師/理事(認)

その他理事(『日本国史学』第十二号より)

磯前秀二:名城大学副学長(認)
伊藤隆:東京大学名誉教授(基、認)
金岡秀郎:国際教養大学特任教授(認)
北村良和:愛知教育大学名誉教授
中山理:麗澤大学学長
新田均:皇学館大学 現代日本社会学部部長(認)
樋口恒晴:常磐大学教授
平間洋一:元 防衛大学校教授(認)
松浦光修:皇学館大学教授(認)
渡辺利夫:前拓殖大学総長(美、明、基、認、弘)

事務局

久野潤:大阪観光大学専任講師/事務局長(21、認)
漆原亮太:啓文社代表取締役/会計


シンポジウム参加者(上にあげた人以外)

http://kokushigaku.com/contents1.htmlより(2019年1月27日確認)

不敬発言で靖国神社宮司を辞めた小堀邦夫さんがいてビックリ(靖国神社宮司就任前の2013年)

阿部邦男:文学博士
荒川憲一:元防衛大学校教授
伊原吉之助:帝塚山大学名誉教授(21)
沖田行司:同志社大学社会学部教授
落合偉洲:久能山東照宮宮司
片山杜秀:慶應義塾大学法学部教授
勝岡寛次:明星大学戦後教育史研究センター(認)
金森敦子:歴史家
川口雅昭:人間環境大学教授
北村稔:立命館大学教授(基、21、認)
木村汎:北海道大学名誉教授
久保田昌孝:橿原神宮宮司
高坂節三:公益財団法人日本漢字能力検定協力会理事長(美、弘)
後藤俊彦:高千穂神社宮司
小堀邦夫:伊勢神宮せんぐう館長
島田洋一:福井県立大学教授(基、21、認)
竹内洋:関西大学名誉教授
長岡千尋:談山神社宮司
西岡力:麗澤大学客員教授(明、基、認)
西修:駒沢大学名誉教授(美、基、策、認)
宮田昌明:京都大学博士
毛利正守:皇學館大學教授
百地章:国士舘大学大学院客員教授(美、明、基、認)
山口洋一:元マダガスカル/トルコ/ミャンマー大使
吉田敦彦:学習院大学名誉教授
吉田悦之:本居宣長記念館館長

関西方面のシンポジウム参加者は、久野潤さんもメンバーである「21世紀日本アジア協会」(日亜協会)と関係の深い人々が多い
……というか2018年12月16日の沖田行司さん&高坂節三さんのシンポジウムは共催だね

_20190128_211731
_20190128_211656



日本国史学会紀要:『日本国史学』執筆者(上にあげた人以外)

http://kokushigaku.com/contents4.htmlより(2019年1月27日、第十二号まで確認)

『日本国史学』は年2回発行。北村良和さんが常連

なお、第五号で島田洋一さんの名前を誤字ってる
_20190127_041320


池田十吾:国士舘大学大学院・政経学部教授、政治学博士
井尻千男:拓殖大学名誉教授、前日本文化研究所所長(明、基)
瓜田理子:ワシントン大学大学院民族音楽学博士課程
岡村たかこ:日本国史学会会員
クラウディオ・ストリナーティ:イタリア文化省顧問
黒岩昭彦:宮崎神宮権宮司
竹本知行:大和大学准教授
奈良岡總智:京都大学院法学研究科准教授
フランチェスコ・リッツァーニ:東北大学前講師
村上繁樹:靈明神社八世神主 
矢野義昭:日本経済大学特任教授/拓殖大学客員教授(認)
山川顯三:?
山下英次:大阪市立大学名誉教授(認)
吉木誉絵:慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程
ラウラ・リッカ:ボローニャ大学研究員
ラファエレ・ミラーニ:ミラノ大学教授
渡辺望:日本国史学会会員


団体略対照