国家基本問題研究所

2007年に設立されたウヨ系のシンクタンク
2011年より公益財団法人

理事長・副理事長

櫻井よしこさんを理事長にすえ、副会長には「日本会議」の田久保忠衛さん・「新しい歴史教科書をつくる会」の髙池勝彦さんを配した最強のウヨ布陣

この布陣は日本会議千葉八千代支部が
"櫻井よし子氏は、「日本会議」と「つくる会」にがっちり支えられていると言っても過言ではありません"
と述べる理由である

その他の役員についてはまとめて後述する

国家基本問題研究所の思想性

研究所概要に記された櫻井さんの挨拶が最高にわけわからなくてステキ

"日本ははたして国家なのか。日本人は真の日本人なのか。そんな問いが折に触れ、突き上げるように、湧いてきます"

日本はまぎれもなく国家だよ馬鹿野郎

より問題なのは"日本人は真の日本人なのか"という文言である
「真の日本人」という言葉は、「偽の日本人」と対にならざるえない
かつて同胞を「非国民」呼ばわりして弾圧した大日本帝国と同じメンタリティをもった団体ととらえられてもしかたがない

国家基本問題研究所の目的

国家基本問題研究所の目的はなんなのか
そのヒントは「基本問題」というところにある
ホームページ掲載の設立趣旨やその他のページを読みとくと、国家基本問題研究所の考える「基本問題」とは、
①日本が"本来の姿を取り戻す"ための「憲法改正」
②海外における日本に対する"歪曲"された理解を正すための「歴史戦」
ということがわかる

反コリアン、反中国人的な言説は歴史戦の延長と見ていいだろう
「中韓はこんなヒドイ連中ですよ、だから連中のプロパガンダは信じないでくださいね」というプロパガンダである
(しかしこのプロパガンダ、主に国内向けとしか思えない……)


プロパガンダの暴走

国内向けプロパガンダが行きすぎた例がある

「中国が日本を買い占めています」という櫻井よしこの顔写真付き意見広告を覚えている人も多いだろう
あの広告を出したのは国家基本問題研究所だった
Screenshot_20181123-102601

中国人が日本のリゾート地等の土地を取得していることに過剰反応し、「奴等は日本の水資源が目的だ!」「自衛隊の近くの土地を買うのはスパイするためだ!」「これは侵略だ!」と大騒ぎしたのだ

ウヨたちだけでなく真に受けた人も大勢いたのではないだろうか

そこに詐欺師たちが目をつけた

「外国人相手に高く売れる」と騙す詐欺師もいれば……

「中国の魔の手から日本を守ろう!」と愛国心を煽る詐欺師もいる

しかし、そもそも中国人をはじめとする外国人は二束三文のどーしよーもない土地をつかまされただけだという話もあり……

いわば詐欺の片棒を担いだ形となった国家基本問題研究所だが、それでも反省することなく今も「買い占められています」と言い続けている


日本研究賞

国家基本問題研究所は「国基研 日本研究賞」なる賞をもうけている
親日家の研究者を育成するため、外国人の書いた親日的な書物・論文を顕彰するのだとか

設立の経緯がなかなかすごい
寺田真理さんという人から国家基本問題研究所に百万ドルの寄付があり、それがキッカケとなって賞ができたのだとか
そのため当初は「寺田真理記念 日本研究賞」という名称だった
日本研究賞が1万ドル、奨励賞が5千ドルなので何十年も続けられる計算だ

賞を創設したことで、その後も寺田さん以外の方々から多額の寄付があり、第3回からは現在の名称に変更となったらしい

第1回
日本研究賞:ケビン・ドーク麗澤大学客員教授『大声で歌え 君が代を』(PHP)他
日本研究特別賞:劉岸偉東京工業大学教授『周作人伝 ある知日派文人の精神史』(ミネルヴァ書房)
日本研究奨励賞:ブランドン・パーマー米コースタル・カロライナ大学准教授『日本の朝鮮統治を検証する1910-1945』(ジョージ・アキタとの共著, 草思社)・『検証 日本統治下朝鮮の戦時動員1937-1945』(草思社)
日本研究奨励賞:ワシーリー・モロジャコフ拓殖大学教授『ジャポニズムのロシアー知られざる日露文化関係史』(藤原書店)

第2回
日本研究賞:エドワード・マークス愛媛大学准教授『レオニー・ギルモア:イサム・ノグチの母の生涯』(彩流社)
日本研究奨励賞:デイヴィッド・ハンロン米ハワイ大学教授『Making Micronesia : a political biography of Tosiwo Nakayama』
(ミクロネシアをつくる トシヲ・ナカヤマの政治的経歴 *邦訳なし =米ハワイ大学出版)

第3回
日本研究賞:楊海英静岡大学教授
『日本陸軍とモンゴル 興安軍官学校の知られざる戦い』(中央公論新社)・『チベットに舞う日本刀 モンゴル騎兵の現代史』(文藝春秋)
日本研究奨励賞:
陳柔縉 コラムニスト・元聯合報(日刊紙)政治部記者『日本統治時代の台湾』(PHP)
ロバート・D・エルドリッヂ 元在沖縄米軍海兵隊政務外交部次長
『尖閣問題の起源 沖縄返還とアメリカの中立政策』(名古屋大学出版会)

第4回
日本研究賞:ジューン・トーフル・ドレイヤー マイアミ大学教授
『Middle Kingdom and Empire of the Rising Sun: Sino-Japanese Relations, Past and Present』(Oxford University Press)邦訳なし
日本研究特別賞:ヘンリー・S・ストークス『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社新書)

第5回
日本研究賞:ロバート・モートン 中央大学教授『A.B. Mitford and the Birth of Japan As a Modern State: Letters Home』(Renaissance Books,2017) 邦訳なし
日本研究特別賞:崔吉城東亜大学教授、広島大学名誉教授『朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実―文化人類学者が読み解く『慰安所日記』』(ハート出版)

4回目に祥伝社、5回目にしてとうとうハート出版に手を出すとは……
学術系を装ってる賞にしては越えちゃいけないライン越えてっだろ
(まあ第1回からしてPHPではあるが……)

例年7月に結果発表とのことなので、僕にとっては夏の楽しみがひとつ増えたことになる


役員

ホームページで確認した名簿を転記
()内表記は他の所属団体の略。略の対照は最後に

理事長櫻井よしこ(美、認、明)
副理事長:田久保忠衛日本会議会長(美、認、明、戦)
副理事長:高池勝彦「新しい歴史教科書をつくる会」会長(明)
副理事長:小倉義人 会社役員

理事:石川弘修 ジャーナリスト  
理事:伊藤隆 東京大学名誉教授(啓、認)
理事:大原康男 國學院大學名誉教授・日本会議政策委員会代表・日本の建国を祝う会代表(興、認、)
理事:北村稔 立命館大学名誉教授(啓、21、認)
理事:斎藤禎 文藝春秋社友  
理事:高橋史朗 親学推進協会理事長(認、弘、戦)
理事:塚本三郎 元民社党委員長(明)
理事:土田龍太郎 東京大学名誉教授
理事:鄭大均 首都大学東京名誉教授(認)
理事:奈良林直 北海道大学名誉教授
理事:西修 駒澤大学名誉教授(美、啓、認、戦)
理事:原丈人 デフタ・パートナーズグループ会長
理事:火箱芳文 元陸上幕僚長(戦)
理事:平川祐弘 東京大学名誉教授(美、認、明、戦)
理事:古庄幸一 元海上幕僚長(戦)
理事:古田博司 筑波大学大学院 教授(認)
理事:細川珠生 政治ジャーナリス(美)
理事:百地章 国士舘大学大学院特任教授 (美、啓、認、明、戦)
理事:山田吉彦 東海大学教授  
理事:屋山太郎 日本戦略研究フォーラム会長(美、戦)
理事:湯浅博 産経新聞特別記者  
理事:渡辺利夫 拓殖大学学事顧問(美、啓、認、明、弘)
 
監事:五島幸雄 弁護士・元京都地検検事正
 
評議員長:梅澤昇平 尚美学園大学名誉教授(認)
副評議員長:荒木和博 特定失踪者問題調査会代表(認、)

評議員:上田愛彦 ディフェンスリサーチセンター理事長(戦)
評議員:呉善花 拓殖大学教授(美、認、う)
評議員:大岩雄次郎 東京国際大学教授(認)
評議員:加地伸行 大阪大学名誉教授(弘)
評議員:加藤浩康 ビジネス研究所 所長  
評議員:金田秀昭 岡崎研究所理事・特別研究員  
評議員:川村純彦 川村純彦研究所 代表(戦)
評議員:佐藤守 軍事評論家・岡崎研究所理事
評議員:島田洋一 福井県立大学教授(啓、21、)
評議員:すぎやまこういち 作曲家(美)
評議員:芹澤ゆう フォルマ代表 取締役社長  
評議員:立林昭彦「WiLL」編集長  
評議員:冨山泰 国際問題研究者  
評議員:西岡力 麗澤大学客員教授 教授・モラロジー研究所歴史研究室長(啓、認、)
評議員:花田紀凱「月刊Hanada」編集長
評議員:浜谷英博 三重中京大学名誉教授(認)
評議員:林いづみ弁護士
評議員:福田逸 明治大学名誉教授(認)  
評議員:渕辺美紀 ビジネスランド代表取締役社長・沖縄経済同友会代表幹事(美)

顧問:平松茂雄 元防衛庁防衛研究所研究室長  
研究顧問:伊藤隆 理事
研究顧問:加地伸行 評議員
研究顧問:秦郁彦 現代史家(認)  
研究顧問:平川祐弘 理事

企画委員:櫻井よしこ会長
企画委員:田久保忠衛副会長
企画委員:高池勝彦 副会長
企画委員:五十嵐徹 産経新聞客員論説委員
企画委員:石川弘修 理事
企画委員:井上和彦 ジャーナリスト  
企画委員:大岩雄次郎 評議員
企画委員:太田文雄 元防衛庁情報本部長  
企画委員:島田洋一 評議員
企画委員:富坂聰 拓殖大学教授
企画委員:冨山泰 評議員
企画委員:名越健郎 拓殖大学海外事情研究所教授(戦)
企画委員:西岡力 評議員
企画委員:湯浅博 理事

客員研究員:赤祖父俊一 アラスカ大学名誉教授
客員研究員:ジェームズ・アワー 日米研究協力センター所長(戦)
客員研究員:故・井尻秀憲 東京外国語大学教授(明)
客員研究員:伊東寛 ファイア・アイ株式会社最高技術責任者(戦)
客員研究員:潮匡人 評論家 (認、戦)  
客員研究員:岡本幸治 大阪国際大学名誉教授(認、)
客員研究員:加瀬みき AEI客員研究員
客員研究員:金谷譲 立命館大学非常勤講師
客員研究員:ペマ・ギャルポ 桐蔭横浜大学教授(認、)
客員研究員:近藤正規 国際基督教大学上級准教授
客員研究員:桜林美佐 防衛ジャーナリスト(美)
客員研究員:色摩力夫 元チリ大使
客員研究員:杉田水脈 衆議院議員(う、認)
客員研究員:田代秀敏 ビジネス・ブレークスルー大学 教授
客員研究員:田村重信 自由民主党政務調査会審議役(戦)
客員研究員:ケビン・ドーク 米ジョージタウン大学 教授(認)
客員研究員:野口東秀 元産経新聞中国特派員
客員研究員:濱本良一 国際教養大学教授  
客員研究員:原剛 軍事史学会 顧問  
客員研究員:藤井聡 京都大学教授(啓)  
客員研究員:堀茂 近現代史研究者
客員研究員:堀内一史 麗澤大学 教授
客員研究員:洪熒 元駐日韓国公使
客員研究員:松井孝典 千葉工業大学惑星探査研究センター所長
客員研究員:松田学 前衆議院議員
客員研究員:ロナルド・モース元麗澤大学教授


団体略対照