田久保忠衛(たくぼ・ただえ)

早稲田大学の学生だったころ、「社会思想研究会」の土屋清さん(再軍備論を唱えた人)がやっていたゼミに参加
大学卒業後は時事通信社で働くかたわら「社会思想研究会」理事をつとめることになる
(湯浅博『全体主義と闘った男 河合栄治郎』より)

時事通信社ではワシントン支局長・論説委員などを歴任し、1984年退職。1985年から杏林大学教授

2015年に三好達さんに代わって日本会議の会長となった(三好さんは名誉会長に)

役職など

第12回正論大賞受賞

映画「南京の真実」賛同者

「『南京大虐殺』の歴史捏造を正す国民会議」呼びかけ人

歴史認識問題研究会による「「世界の記憶」日本軍「慰安婦の声」共同申請登録に反対する日本の学者の会 」の賛同者

新しい歴史教科書をつくる会・顧問
多くの日本会議派が「つくる会」を去った分裂騒動のとき。田久保さんは理事を辞任するものの顧問にとどまり、それが現在も続いている。そして社会思想研究会の後輩である高池勝彦さんが現在の「つくる会」会長だ。「つくる会」と日本会議の繋がりを残したという意味で、田久保さんの功績は大きいのかもしれない

一般社団法人日本戦略研究フォーラム顧問

新外交フォーラム評議員

公益財団法人日本国際フォーラム理事


公益財団法人国家基本問題研究所副理事長(理事長は櫻井よしこさん)

天皇陛下御即位三十年奉祝委員会 代表世話人

また、役職者ではないのだが、明治天皇の誕生日だった11月3日を「文化の日」から「明治の日」に変えるため運動している「明治の日推進協議会」とも関係が深い
「明治の日推進協議会」の集まりで基調講演を行ったり、「明治の日を実現しよう!国民集会」の開催を提案したり、など


櫻井よしこと仲良し

やはり櫻井よしこさんとは仲が良いようで、共著を出したり言論テレビ櫻LIVE(櫻井よしこさんによるインターネットテレビ)にたびたび出演したりしている

国際勝共連合(統一教会)に関係するスギモトホールディングスの「交歓の会」60周年記念でも、櫻井さんと二人セットでお呼ばれしている


田久保忠衛の会見

田久保さんは日本会議本ブームの最中の2016年7月13日、 日本外国特派員協会で記者会見を行った

「噂の日本会議とはどんなものか、会長さんに直接聞きたい!」という記者たちの要望に応えた形だ

なお、田久保さんはこのときの会見の最後の方になって
「日本会議が具体的にどういう政策をやってるか、私お恥ずかしいながらそこまで掌握してないんです」
と言っている

日本会議の具体的な意思決定は、役職者を調べてもわからないのかもしれない


日本を普通の国にしようとしているだけだという見解、国民の権利を制限しても日本人なら問題ないという見解、体罰を容認する見解、など田久保さんの考えがよくわかる記者会見の模様は、日刊ゲンダイの記事によくまとまっている

田久保忠衛と安倍晋三

田久保さんの安倍首相への賛辞は個人崇拝の域に達しているようだ

2018年9月には、自民党総裁選での安倍3選をうけ、こんなことを言っている

" 宿命論者では決してないが、自民党の安倍晋三総裁の3選には、単なる偶然の積み重ねではないものを感じる "
"国の内外で類いまれな時代を迎え、憲法改正に取り組む安倍首相は、いかなる星の下に生まれてきたのだろうか" 

宿命論である


そんな田久保さんと安倍さんは2012年4月10日OAの 『BSフジLIVE プライムニュース』で仲良く憲法について語っている
内容を書き起こしてくれているウヨい人がいたのでURLをここに置いておく